債権投資

債権投資とは?

サラリーマン向けイチオシ投資

投資初心者でも投資内容が直感的に理解出来るのが、 バイナリーオプション投資です! 詳しくは↓↓↓をクリック!!

債権投資とは?

ユーロ国債

インカムゲインでは株式投資よりもリスクの少ない債券

 

 

投資を始めようというあなたなら、名前くらいは聞いたことがあるかもしれませんが、
債券も初心者にはおすすめの投資かもしれません。

 

 

債券とは、国や地方公共団体、独立行政法人、企業、国際機関、外国政府や外国企業などが、
資金を調達する為に発行する、有価証券です。

 

 

「それじゃ株式と一緒じゃん」と思われるかもしれませんが、
利率や満期日などがあらかじめ決められて発行され、
定期的に利率分の利子を受け取ることができ、
満期日には額面金額である償還金を受け取ることができるので、
安全性の高い金融商品ということができます。

 

利子収入が利益になります。

 

 

債券の場合、期日は2年〜10年といった満期日まで待って
償還金を受け取ることも良いのですが、
満期日前に市場で売買することもできます。

 

 

市場において債券の価格は日々変動しているので、
途中で売買をすることで、利子での収入の他に、
購入金額と売却金額や償還金との差額の収入を得ることも可能です。

 

 

債券の種類として、国が発行する【国債】

 

地方自治体が発行する【地方債】

 

独立行政法人などの政府関係機関が発行する【特別債】

 

世界の公的な国際機関が発行する【国際機関債】

 

事業会社などの企業が発行する【社債】などがあり、
その他にも、社債を株式に転換できる権利のある【CB】
外国の自治体または、外国の通貨、海外の市場のいずれかが発行する【外国債券】があります。

 

 

 

債券を購入するポイントとして、
一番注意しなければならないのが、発行体の信用力です。

 

発行体が存続しての債券ですから・・・・
しかし発行体の信用度をはかる格付けがあります。

 

専門機関が安全性を分析し評価したものなので、
債券を購入する際には、この格付けを知ることで信用度を図ることが可能です。

 

 

国債価格推移

 

 

 

 

もうひとつのポイントとして重要なのが利回りです。

 

債券の場合は、利子に償還金と購入価格の差額が利益になります。

 

この利益を1年当たりの金額に換算し、投資元本(購入価格)で割ったものを利回りといいます。

 

債券を購入する際は、利率ではなく利回りをみることで投資判断をすることが重要です。

 

この方法で利益を得ることをインカムゲインと言います。

 

 

また、流通市場での途中売買で差額の利益を得たり、償還差益などの利益を得ることを
キャピタルゲインと言います。

 

 

これは株式投資のページでも説明してありますが、
株式投資同様、キャピタルゲインを狙った投資が現代の主流になっています。

 

しかし、安全性を求めるのであれば、インカムゲインは株式投資よりも安全性は高いと言えます。

 

しかし債券も投資ですので、預貯金よりも安全性は低いと言えます。

 

 

債券は証券会社や銀行で購入することができます。
しかし債券の種類によって違ってきますので、欲しい債券の取扱期間を確認しましょう。

 

 

 


債券はローリスクからハイリスクまで幅広いのが特徴

スペイン国債値動き

債券投資については、まだあまり知られていないのが現状ですが、
近年では定期預金などに比べて利率の高い個人向け国債や
個人向け社債のように、円建ての債券に投資する人が増えているのも事実です。

 

その他に外国債券は高利回りを期待できるため、こちらの人気も上がっているようです。

 

債券投資は投資対象を選ぶことで、リスクの低い投資から、
比較的リスクは高いのですが、ハイリターンを望める投資まで幅広くあります。

 

 

例えば個人向け国債の場合では
銀行預金をした時の平均金利と比べて見ても、その差は歴然としています。

 

 

 

下の数字は2012年8月の中頃に調べた金利ですが、

 

1年定期  銀行金利⇒0.036% 日本国債⇒0.100% 約2.78倍
3年定期  銀行金利⇒0.046% 日本国債⇒0.096% 約2.08倍
5年定期  銀行金利⇒0.050% 日本国債⇒0.221% 約4.42倍
10年定期 銀行金利⇒0.118% 日本国債⇒0.830% 約7.03倍

 

銀行預金の平均金利に比べて、日本国債は2倍〜7倍高いことが分かります。

 

勿論、債券はあくまで投資なので、途中で売った場合には損質が出る可能性もあります。

 

しかも、債券発行元によっては、必ず元本が保証されるわけではありません。
それに比べて、銀行預金は途中解約しても、ある程度の利息は確保されています。

 

しかし日本国債は日本国が発行している債券です。

 

日本国がなくならない限り(デフォルトしない限り)は、
元本を保証されているようなものです。

 

 

このように安全性が高い債券を買うことで、リスクの低い投資をすることができます。

 

 

その一方で、もっと高い金利が期待できる、個人向け社債も人気が出てきています。

 

某大手商社が発行した個人向け社債の金利は、5年満期で0.52%
某クレジット会社が発行した個人向け社債は、5年満期で0.63%
某金融グループが発行予定の個人向け社債は 5年満期で1.60%を予定していました。

jpモルガン社債値動き

 

このどれも円建て債券なので、為替リスクも発生することはありません。

 

しかし社債の場合は、債券の金利は信用リスクなどと連動することが原則だし、
例え大手企業であっても倒産のリスクが全くないとは言えません。

 

 

いくら金利が高いとはいえ、リスクが高いのも社債の特徴で、
どの会社に投資するのかによっては、大損をする恐れもあることは覚えておきましょう。

 

 

国債のように、投資のなかでも比較的リスクの低い債券もあれば、
社債のように、株式と似たような内容の社債まで様々な債権があります。

 

リスクの低い債券は、大きなリターンを望むことはできませんが、
リスクの大きな債券は、大きなリターンを期待することができます。

 

 

どの投資にも言えることですが、ローリスクハイリターンの商品はありません。

 

その中でも比較的リスクが小さめですが、ある程度のリターンを見込めることが、
債券の良いところかもしれません。

 

次ページ
投資信託とは?


バイナリーオプションをデモ取引で今すぐ試してみませんか?

バイナリーオプション投資は本当に簡単に始める事が出来るのです(^^)

少ない資金でも簡単に始める事が出来る投資を実感出来ます!
↓をクリック!
オプテックJPデモ取引



ホーム RSS購読 サイトマップ