先物取引

先物取引とは?

サラリーマン向けイチオシ投資

投資初心者でも投資内容が直感的に理解出来るのが、 バイナリーオプション投資です! 詳しくは↓↓↓をクリック!!

先物取引とは?

オイル価格推移

株式と共に人気のある投資方法は先物取引(商品先物取引)です。

 

先物取引とは、『将来の定められた時期に、物品を受渡しすることを約束して、
その価格を現時点で決めるて取引をすること』を言います。

 

これは相場変動によって、リスクを回避する為に開発された方法で、
農産物のように、天候により出来高が変ることで、価格の変動を抑える目的があり、
安心して売買ができるようにと作られた制度です。

 

 

実際に決められた時期に商品を受け取ることはできますが、
現代では、投資目的に売買をする事の方が多く、
実際に現物をてにすることは殆んどありません。

 

 

それどころか、投資目的で売買する場合には、
約束の期日前でも売買をすることがあり、買いつけていたものを転売することもできるし、
売り付けたものを買いつけることもできます。

 

その時に生じる差額で利益を得たり、損失を出したりするのが先物取引での投資です。

 

 

最近ではガソリンの価格が上がったり下がったりすることがあります。

 

その原因は、原油の質量が減ることに原因がありますが
その他の原因の一つに先物取引が絡んでいるのです。

 

 

それは投資家が原油輸出国の情勢をみて、原油の輸出が困難になりそうだと思えば
先物としての原油を買いつける投資家が増え、需要よりも供給が増えることで、
実際のガソリン価格が上がります。

 

 

逆に、原油輸出国の情勢が安定すると、輸出量も安定するので、
原油価格も下がり、投資家はガソリンを売り付けます。
こちらも需要と供給のバランスの問題で、ガソリンも安くなるわけです。

 

 

その時に出る差額が投資家の利益になるのです。

オイル内訳

これは農産物などでも言えることですよね。

 

雨が続けば不作になり価格が上がります。

 

これは数量が減ることが原因ですが、
その他にも先物取引の投資家の動きも関係しているのです。

 

 

 

先物取引にもFX同様に証拠金取引の制度があります。

 

この制度をレバレッジと言い、最高で25倍のレバレッジを掛けることができます。

 

しかし実際には10倍〜20倍くらいのレバレッジで取引されることが多く、
初心者の場合には5倍くらいのレバレッジで取引することをおすすめします。

 

 

その理由として、レバレッジは手元の資金がなくても取引できる制度で、

 

高いレバレッジで利益を出せれば大きな利益を生むことができますが、

 

もし仮に損失を出した場合でも、同じように大きな損失になってしまうからです。

 

 

 

オイルタンカー

 

 

 

 

証拠金を超えた損失を出した場合には、追加証拠金が必要になります。

 

それが払えるようならいいのですが、払えない場合には大変なことになってしまいます。

 

 

このような事のないように、資金との兼ね合いを見ながら取引を行うことが、
投資では必要になってきます。
無理のない投資が確実な投資利益を生むのです。

 

 

先物取引には【農産物】や【ガソリン】【金】【日経225】など様々あり、
証券会社によっても扱いが違うので、自分に有った商品を選ぶことも重要です。

 

 

 

オイルトレーラー


商品先物取引などの証拠金取引で最低限必要なこと

とうもろこし

先物取引は証拠金取引で、ベバレッジを利かせることができるので、
簡単に自己資金以上の投資を行うことができてしまいます。

 

 

しかし、それはあくまでも、自己資金で買った有価証券を担保にしているので、
証券価格が上がればその分担保価値も上がりますが、
証券価格が下がってしまうと、担保価値が下がってしまうので、
追加の証拠金が発生することになります。

 

 

追加の証拠金が入れられなかったり、継続的に担保不足が発生すると、
借り入れ可能な信用枠が消滅してしまう為、強制売却をさせられてしまうのです。
こうなると残るのは借金だけになってしまいます。

 

 

こうならない為にもリスクや危険を回避する方法を身に付ける必要があります。

 

例えば、追証が必要になったら、最初の追証の時に売るのが賢明です。

 

追証が発生すると、その分も取り戻そうとして冷静さを欠き、
先行きを見誤る可能性ができるからです。

 

 

最初の追証が出た時に売れば、損失を大きくしなくて済むからです。

 

このように先物取引に関わらず、投資をする上で大切なのは、
どの時点で損切りができるかに掛っているのです。

 

 

例えば10回勝負して、7勝3敗、6勝4敗なら勝ちが先行するのでOKと思いがちですが、
たとえ9勝1敗であっても、
その1敗の損失額が、9勝の利益を超えてしまっては、何の意味もありません。

 

 

勿論、6勝、7勝、8勝でもそれは同じことで、
勝率が高くても、トータル金額でマイナスになってしまっては身も蓋もありません。

 

逆に、1勝9敗しかしていなくても、その9敗の各々の損失額が小額であって、
たった1勝の利益を上回ることがなければ、利益を得ることができるのです。

 

 

 

その為に必要になってくるのは、損切りのポイントです。

 

予め、投資金額に対して、何パーセントの損失が出たら損切りをするだとか、
今までの利益の何パーセントの損失が出たら取引を終了するだとか、
決められたポイントで、損切りをすることが、損失を大きくしない為には必要なことです。

プラチナ

 

しかしいくらあらかじめ決めておいても、

 

それを守ることができなければ何の意味もありません。

 

 

往々にして損失が出ている時には、
何とか取り返そうと思って熱くなってしまうものです。

 

 

しかしそこをグッと抑えることも、投資をする上では必要なことなのです。

 

また、利益確定する際にも、ある程度のポイントを決めておくことも大切です。

 

チャートが上向いた状態が続くと嬉しいものです。

 

その時の利益を考えると、天井までは持っていきたいと思うのは人の常です。
しかしそこに落とし穴があることも覚えておく必要があります。

 

 

投資というものは、突然の値崩れで、大きな損をすることがたくさんあります。

 

1回で大きな利益を求め過ぎたり、1回の取引で深追いしないことが、
商品先物取引などの証拠金取引をする上で注意することです。

 

次のページへ
債権投資とは?


バイナリーオプションをデモ取引で今すぐ試してみませんか?

バイナリーオプション投資は本当に簡単に始める事が出来るのです(^^)

少ない資金でも簡単に始める事が出来る投資を実感出来ます!
↓をクリック!
オプテックJPデモ取引



ホーム RSS購読 サイトマップ