先物取引の仕組み

先物取引はハイリスク・ハイリターンの投資

サラリーマン向けイチオシ投資

投資初心者でも投資内容が直感的に理解出来るのが、 バイナリーオプション投資です! 詳しくは↓↓↓をクリック!!

先物取引はハイリスク・ハイリターンの投資

ゴールドコイン

株と同じように昔から投資の代名詞のように存在している先物取引。

 

その先物取引に対して考えてみたいと思います。

 

 

そもそも先物取引とはどんな投資なのでしょうか。

 

 

先物取引とは、将来の売買に対して、
現時点で予め“売買の価格”や“数量”などを約束しておいて、
約束の日が来た時点で売買を行います。

 

 

前もって売買の価格、数量を決めておくことで、
価格変動をする商品の売買に付き物の、価格変動リスクを避けることができます。

 

 

例えばAさんが、とある宝飾店で、

 

10万円のゴールドリングがあり、欲しいと思いましたが、

 

「今月は生活費がピンチで10万円のお金がない。

 

 

ところが来月の10日にはボーナスが入るのでそれまで待てば買える」という時に、
10日にゴールドリングを1ケ買うことを店長と約束をし、
手付として1万円支払います。

 

 

しかし、金の相場は日々値動きがあります。

 

来月10日には金の相場は下落しているかもしれません。

 

その時は10万円以下になっている可能性があり、Aさんは損をすることになります。

 

 

その反対に金の相場が上がって、10万円以上の値段が付いているかもしれません。

 

この場合にはAさんは儲かる事になります。

 

これが先物取引を利用した投資です。

 

ゴールド

このように約束しておいた売買において差額が利益や損失になるのです。

 

先物取引に対する扱い商品は幅が広く、
金・銀・白金などの貴金属類や、ガソリン・灯油・ゴム製品といった石油製品。

 

大豆・トウモロコシなどの穀類など様々あります。

 

 

 

先物取引の流れは商品先物取引業者に口座を開くところから始まります。

 

商品先物取引業者は株式同様、証券会社がになっています。

 

商品先物を扱う証券会社に口座を開き、証拠金となる金額を入金します。

 

 

 

【証拠金】
これは先程のAさんの例の時の手付の1万円のような役割と、
(株)日本商品清算機構に預託され分別管理されて、保険のような役割も果たします。

 

この証拠金のおかげで、実際に支払える金額よりも、
大きい金額で先物取引を行えるのが特徴です。

 

例えば10万円の証拠金で100万円の商品を買うことができます。

 

 

その商品が2割値上がりすれば、20万円儲けたことになり、
証拠金以上の儲けを得ることができるのですが、

 

逆に2割値下がりすると20万円損をすることになり、
追加金として10万円を追加金として支払わなければならないことになります。

 

 

このようにリターンは大きいのですが、リスクも大きいのが証拠金取引の投資です。

 

先物取引を始めるにあたっては、その事を十分に理解した上ではじめないと、
身を滅ぼす原因にもなりかねないので、十分注意して下さい。

 

 

FX投資とは?


バイナリーオプションをデモ取引で今すぐ試してみませんか?

バイナリーオプション投資は本当に簡単に始める事が出来るのです(^^)

少ない資金でも簡単に始める事が出来る投資を実感出来ます!
↓をクリック!
オプテックJPデモ取引



ホーム RSS購読 サイトマップ