投資信託とは?

投資信託とは?

サラリーマン向けイチオシ投資

投資初心者でも投資内容が直感的に理解出来るのが、 バイナリーオプション投資です! 詳しくは↓↓↓をクリック!!

投資信託という投資とは?

アメリカンバンクノート銀行

投資信託という投資があります。

 

名前くらいは聞いたことがあるんじゃないでしょうか。

 

でも「投資信託ってどんな投資?」って聞かれたら、ちょっと困っちゃいますよね。

 

 

投資信託とは、業者が集めた何人もの投資家の資金を、
資産運用のプロに委託して、株式や先物取引や金融派生商品、

 

不動産など複数の投資で運用してもらい、
その運用成果を業者によって投資した投資家で分配する投資です。

 

 

複数の投資の銘柄や、種目、業種など分散して行えるので、リスクが少なくて済むります。

 

他の投資は、投資家自ら投資をするのですが、

 

投資信託においては、
投資の専門家に委託することで、投資家自ら取引することはありません。

 

 

自営業者や、サラリーマン、家庭の主婦が、常に状況を注視したり、
それによって迅速に売買することには限界があります。

 

 

しかし投資信託では、その道のプロが運用してくれるので、
そういった時間の制限や、投資に係わる情報を入手っするなど、

 

経験豊富なプロに任せるわけですから、
特に初心者の個人投資家にとっては、失敗の可能性も低くなるわけです。

 

 

 

ファンドや投資ファンドと呼ばれるのがこの投資信託です。

 

 

 

 

直接ではありませんが、運用の専門家を雇うのと同じ事ですから、
他の投資と比べてそれなりの費用が掛ることは否めません。

 

 

その費用は販売手数料・信託報酬・解約手数料の3つがあり、
いずれも業者によってその金額は異なります。

 

 

【販売手数料】
信託購入時に掛る費用です。支払われるのは販売会社で、
購入した年にだけかかる費用です。

 

その金額は、少ないところで無料、多くても3%程度の手数料が必要になります。

投資信託資金確認

 

【信託報酬】
保有期間と保有額によって変わる手数料で、無料から1%程度が掛ります。

 

信託報酬は、販売会社・運用会社・信託銀行の利益になります。

 

 

【解約手数料】
解約時に掛る手数料の事です。

 

その金額は0%〜1%程度ですが、
投資信託の保有期間が長い程、解約手数料が安くなる方式をとる会社が多く、
一定の期間を持ち続けることで、手数料がかからない会社もあります。

 

 

 

投資信託を扱う業者は、証券会社・銀行・郵便局の3つです。

 

 

証券会社は、株式や先物・FXなど、様々な投資商品を扱っていますし、
投資信託に関しても、その歴史は長く、取り扱い商品の種類も豊富です。

 

また、長年培ってきたノウハウもあり、知識も豊富です。

 

 

 

それに引き換え、銀行や郵便局では、金融自由化の流れを受け、

 

販売が認められるようになったため、歴史も浅く、

 

説明できる社員の数も少ないのが現状です。

 

 

しかし大手銀行などでは、知識や経験が豊富な販売員の拡大に勤めています。

 

また、取扱商品も送検会社に比べると少ないので物足りなさを感じますが、

 

銀行や郵便局は普段からよく利用する場所なので、

 

親しみがあり、その利便性は証券会社よりも高いのがメリットです。

 

 

次ページ
バイナリーオプション投資とは?


バイナリーオプションをデモ取引で今すぐ試してみませんか?

バイナリーオプション投資は本当に簡単に始める事が出来るのです(^^)

少ない資金でも簡単に始める事が出来る投資を実感出来ます!
↓をクリック!
オプテックJPデモ取引



ホーム RSS購読 サイトマップ